HOME | 仕事 | 角田の木造ガレージ

角田の木造ガレージ基本設計パース
角田の木造ガレージ基本設計パース2
角田の木造ガレージ基本設計模型
角田の木造ガレージ構造模型7
角田の木造ガレージ構造模型6
角田の木造ガレージ構造模型5
角田の木造ガレージ構造模型4
角田の木造ガレージ構造模型3
角田の木造ガレージ構造模型2
角田の木造ガレージ構造模型1
角田の木造ガレージ構造模型10
角田の木造ガレージ構造模型11
角田の木造ガレージ模型10
角田の木造ガレージ模型9
角田の木造ガレージ模型8
角田の木造ガレージ内観スケッチ1
角田の木造ガレージ模型7
角田の木造ガレージ模型6
角田の木造ガレージ模型5
角田の木造ガレージ模型スケッチ
角田の木造ガレージ軸組模型2
角田の木造ガレージ模型4
角田の木造ガレージ模型3
角田の木造ガレージ模型2
角田の木造ガレージ模型全体

 

028 角田の木造ガレージ

 
宮城県角田市に木造のガレージ(5台分の車庫)を新築する仕事です。若い施主が実家に戻り、三世代共に生活することがきっかけでした。三世代で生活するにあたり、実家の改修や改築よりも、ガレージ(車の家)をつくりたい・・・車が好きな施主は、そのことを一番に考えたようです。休日や疲れた時には大好きな車を見て、楽しんだり、心の充電をする、、、そんな特別な場所が欲しい。だからこそ、車を収納するだけの大きさのガレージでは満足できない。かといってショールームのようなものはコスト面でも、大きさとしても、なにより施主と車の「居場所」としてふさわしくない。
施主にとって車と過ごすこのガレージがもう一つの家、居場所となればと思い、スケールや素材に配慮しながら設計に取り組んでいます。
 
所在地:宮城県角田市/ 竣工予定:2020.12
用途:ガレージ(車庫)
構造:木造
延床面積:約120m2
構造:NEO建築構造
施工:未定
 
<前の仕事             次の仕事>